カンペール・キッズ(CAMPER KIDS)について

カンペール

Q. CAMPER KIDS というシリーズは大人用と比べてどうなのでしょう?

A. CAMPER KIDS は子供用の総称です。
サイズ的には赤ちゃん用から少年向けのEUR40(25.5cm)まで存在するのですが、実際少年向けのデザインはたいへん少なく、ショップに出回っているのは少女向け中心でサイズはEUR37、EUR38までだと思います。

たぶん、、、スペインの少年たちはアディダスやナイキのほうが好きなのでしょう。
カンペールを普段履きにしている少女は見かけますが、少年は見たことがありません。

ということで、カンペールのキッズ(女子)とレディースを比較してみます。

まず、キッズの特徴は素材の強さです。
子供は飛んだり跳ねたり走ったり、砂場に水溜り、時には踏んだり踏まれたり。
そのため子供用には水にも油にも強く丈夫な素材が選ばれます。
強さを優先するあまり、バリエーションが乏しくなるのが残念なところです。

一方レディースは、強さ同様あるいはそれ以上に柔らかさや、軽さ、色合いなどが重視され、毎年新色や新素材が次々とお目見えします。
本当に目移りがするほどです。
同じデザイン、同じようなデザインでも、大人用と子供用とでは素材が違うことが多いので、そのへんは前もって確認したほうがよいでしょう。

また、子供用ならではの素材(カラー)が存在するのも事実です。
あえてそれを選ぶという楽しみ方もあると思います。

それと、、、価格も異なります。
先ほどカンペールオフィシャルサイトをのぞいたら、概ね、
レディース100~200ユーロ
キッズ50~100ユーロ 、、、
子供用は大人用のだいたい半値でした。

が、、、子供用に半分の価値しかないかというとそうではありません。
実際作る手間はほとんど変わらないので本当は大人用に近い値段をつけたいけれども、たとえば2万円の子供靴がバンバン売れるかというと甚だ疑問なわけで、、、などと、あれこれ思案した挙句の半値なのだと私は思います。

キッズとレディース、両者が混在するのはEUR35~38。
CAMPER KIDS の購入をご検討中の方は、子供用は大人用とは何かが違うんだと、とりあえずそう考えて品定めをしたほうがよいでしょう。

余談ですが、スペインでは、
★よほど色やデザインが気に入った時以外、大人の女性が CAMPER KIDS を選ぶことはありません。
★価格がだいぶ異なるので、大人用と子供用が同じ棚に陳列されることもありません。