バレンシア風パエリアは特産品の白インゲンとウサギが決め手!!

こんにちは、七夕です。

先日、スペインで最もポピュラーなスパイスブランド・カルメンシータのパエリアミックス(パエリアの素)「普通のパエリア用」をご紹介したところ、残りの2製品(バレンシア風とシーフード)について質問が多々ありましたのできょうはバレンシア風パエリアの素についてチェックしてみます。
http://lanavata.net/post-8077/

Carmencita : バレンシア風パエリアの素

普通のパエリア用は1箱5袋入りでしたが、バレンシア風は1箱3袋入りです。1箱の値段は同じようなものなので、バレンシア風は少々割高になりますね。

パッケージには12人分とあります。1袋(1回)で4人分という計算のようです。普通のパエリア用は1袋6人分見当なので、このへんもナニやら高級感がありますね。

メーカーのホームページ(CARMENCITA) をみると、バレンシア風パエリアのレシピが紹介されていました。

[材料](4人分)
・米 400g
・とり肉 1/2羽 (小さめのぶつ切り)
・うさぎ肉 1/2羽 (小さめのぶつ切り)
・熟したトマト 3個
・赤ピーマン 1個
・さやいんげん(細) 150g
・白いんげん(garrofon) 150g
・肉のだし汁 2L
・バレンシア風パエリアの素 1袋
・オリーブオイル 大10杯
・塩 適宜
・にんにく 1球

[作り方]
1. さやいんげんとトマトを細かくきざむ。赤ピーマンを柵切りにする。
2. パエリア鍋にオリーブオイル(大10杯)をひき熱する。赤ピーマンとにんにく(1球)を炒め、油を残して引き上げる。トマトを炒め油を残して引き上げる。
3. 鶏肉とウサギ肉を炒め油を残して引き上げる。
4. なべに水3Lを入れ、炒めた鶏肉、うさぎ肉、トマト、にんにくとさやいんげん、白いんげんを弱火で1時間茹でて出汁をとる。
5. 4.で作った出汁2Lをパエリア鍋に入れ火にかけ、沸騰したらパエリアの素を加えてよく混ぜる。米400gと鶏肉、うさぎ肉、さやいんげん、白いんげんを加え、塩で味を整える。
6. 水気がなくなるまで中火で15~20分炊き、適当なところで赤ピーマンをきれいに並べる。
7. 火を止め数分待って出来上がり。

バレンシア風の特徴はウサギ肉を使うことですが、なければ鶏肉だけでも構いません。それとバレンシアの特産品白いんげん(garrofon)も手に入りにくければ省くこともできます。

ですが、ウサギにしろ白いんげんにしろ、妥協すればするほど「バレンシア風」からかけはなれてしまう気がします。

材料集めは難しいですね。米は言わずもがな、具材にバレンシアの特産品を使うからバレンシア風。日本のみなさんは、地元のおいしいもの、季節のおいしいものを選んでオリジナルパエリア・○○風を楽しんでください。

最後に、バレンシア風パエリアの素の原材料をメモしておきます。

    にんにく、パプリカ、黒こしょう、マルトデキストリン、ローズマリー、タイム、クローブ、塩、サフラン色素、サフラン(1%)

まとめ

バレンシア風パエリャの素は肉(鶏肉等)を具にしたお米料理(炊き込み)に最適です。手にする機会があればぜひチャレンジしてみてください。

しつこいようですが、「肉系」ですよ!
お忘れなく!

それでは、また。次回はシーフード用!!
スパイスおたく・七夕でした。