ハモンとチョリソとサルチチョン

数週間前、、、

このエリア唯一のスーパー、スーペルコル(SUPERCOR)で、
ハモンを1本、おまけにつられて購入。

っというか、この手のセールがあったときは迷わず買うようにしている。
スーパーが開店したのが年末。これでもう4本目である。

私が触手を伸ばすセールの内容はいつも一緒だ。
ハモン(セラノ)1本 + チョリソ1キロ + サルチチョン1キロ = 60ユーロ

ハモンはたいしたものではないが、あればあったで重宝する。
スライスすればとりあえずおつまみになるし、ちょっとした炒め物や、スープ、冬は煮物にも使える。
堅くなったところは豪快にぶつ切りで炊飯器に投入。ハモンライスは我が家の人気者だ。

たいへん便利なハモンに、
チョリソ(CHORIZO)とサルチチョン(SALCHICHON)が1キロずつ付いてくる。


(チョリソとサルチチョンが2本セットになっている。それぞれ50センチくらい。重さは各1キロ。)

これはお得だ!!
おまけだけでも30ユーロ(1キロ15ユーロ)くらいはするのではないだろうか。

ハモン1本(約7キロ) 30ユーロ
チョリソ1本(約1キロ) 15ユーロ
サルチチョン(約1キロ) 15ユーロ
合計     60ユーロ

っという感覚で即買いするようにしている。

私がレジに並んでいると、すぐ前の人が4本買って帰った。
聞くと、
夏の間は客人が多いし、毎日子供たちがボカディージョにはさんで食べるので、
このぐらい消費するのはわけない、のだそうだ。私も同感である。

ただ、チョリソ、サルチチョンは脂が多いので食べ過ぎてはいけない。
夏休み前に学校からもらった通達にも、「畜産加工品は控えめに」、と書いてあった。
おいしいものには要注意!!