アヌビス発スペイン風5段連想→Berryz Kobo 行き

日常

こんにちは、2児の父・七夕です。

子供たちがモバゲーの対戦ズーキーパーで遊びながら、「アヌビスってカンガルーなんだぁ」と感心しているのでナニかともったら、、、

エジプトの守護神アヌビスをモチーフにしたアバターでした。

アヌビスはカンガルーではなくて、実際は、、、犬というか、ジャッカルというか、、、半分人間だったり、100%動物だったり。半獣の場合は必ず頭が「獣」なので、人面犬や人面魚とは逆のパターンになります。いずれにしても、何かといえば「犬系」の神であります。

で、、、

このアバターが彼らの知っているアヌビスとはちょっと違ったようですね。

二人にとってアヌビスとは、、、

アヌビス → House of Anubis

モンストでもパズドラでもありません。

House of Anubis」(ハウス・オブ・アヌビス)

それは、以前見ていたニコロデオン(Nickelodeon)のテレビ番組でした。

House of Anubis → Nathalia Ramos

主演はナタリア・ラモス(Nathalia Ramos)。

マドリード生まれのスペイン人(父スペイン人、母オーストラリア人)女優ですが、、、

実は彼女の父も有名人。。。

Nathalia Ramos → Iván

彼女の父はIvánというスペインの歌い手です。1962年(昭和37年)マドリード生まれ。

日本の人はまったく知らないと思いますが、彼の代表曲「Sin Amor」は超有名なので、、、

とりあえず聞いてみて下さい。

「Iván – Sin Amor」

Iván → Sin Amor

いかがでしたか?

「Sin Amor」はあの「ジンギスカン (曲)」のカバー曲なのです。

ちなみに、「Sin Amor」の歌詞はまったく新しいもので、オリジナルの香りはゼロ。英語だと「Without Love」ですからね。タイトルからして匂いが違います。

また、「ジンギスカン」は世界中で繰り返し繰り返しカバーされていますが、日本での人気も根強いですよね。Wikipedia(日本語版)に載っている、ジンギスカンをカバーした日本人歌手の名前を古い順に書き抜くと、5カラット・渋谷哲平・川崎麻世・米米クラブ・・・・・。昭和30年代生まれの歌手・ミュージシャンがずらり。

ちなみに私は40年代生まれなので、上の面々に比べると少しだけ年下ですが、彼らの大活躍した時代はわが青春そのものであります。実に懐かしいです。

さらに、、、

Wikipedia(スペイン語版)に飛ぶと、、、

そこには日本のミュージシャン(カバー)の名前がひとつだけ載っていました。

誰だと思いますか?

Sin Amor → Berryz Kōbō

正解はBerryz Kōbō(Berryz工房)。

En marzo de 2008, el grupo japonés Berryz Koubou saca un single con su versión de esta canción titulada Jingisukan con el PV correspondiente en diferentes versiones. Al poco tiempo saca una edición con un remix titulado Tarutaru Mix mezcla de esta versión y la canción original junto con dos versiones del PV de este remix.
出展 : Wikipedia Dschinghis Khan (canción)

上の引用部分にはたしかに、ジンギスカン (Berryz工房の曲)のことと、ジンギスカン タルタルミックスのことが書かれています。

ですが、、、

実は私たちはBerryz工房がグループで活動しているところをみたことがありません。メンバー的にも、、、バラエティ番組に出演しているももちさんしか思い浮かびません。ダメですねぇ。

で、、、これを機会に親子でしっかり注目してみようかなと思ったのですが、Berryz工房自体は現在活動停止中で、ももちさんにいたっては6月で卒業とのこと。

もぅ、、、気付くの遅すぎです。反省。。。

でも卒業ってどういうこと?「フツウの女の子に戻ります」ってこと?・・・まぁ、いいけどネ。

以上、アヌビス発「七夕的」スペイン風5段連想でした。
それでは、また。Adios!!