スペイン・マドリード旅行前に知っておきたい情熱のシーラ・ロケ地6選

こんにちは、七夕です。

みなさん「情熱のシーラ」(El tiempo entre costuras)をご存知ですか?

「情熱のシーラ」はスペインの歴史小説。原題は「El tiempo entre costuras」(2009年)。スペイン人作家、マリア・ドゥエニャス(María Dueñas)の処女作品です。

もともとはこんな表紙の書籍でした。ジミ~なデザインですね。

sira 11 (libro)

これがスペインでいきなり話題になり、2011年にはスペイン通読書家の集う New Spanish Books で詳しく紹介&推奨されました。

紹介記事はコチラ → 『縫い目のあいだの時間(El tiempo entre costuras)』
(注) 小説の内容に関する記述があります。ご注意ください。

2013年にはスペイン国内でテレビドラマ化。平均視聴率25%超の大ヒット作となりました。

そして2015年、NHKで日本語吹き替え版が放送され、DVDも発売されています。


情熱のシーラDVDBOX1 [ アドリアーナ・ウガルテ ]

情熱のシーラ DVDBOX2 [ アドリアーナ・ウガルテ ]

日本語版の書籍はこんなふうになりました。華やかな雰囲気さへ漂います。歴史小説なんですけどね。

NHKのDVDと書籍を見比べると、書籍の下巻の画像を DVD-BOX-1 に、書籍の中巻の画像を DVD-BOX-2 に使用しているのがわかります。上巻の画像は選ばれませんでした。

が、、、

その深刻な表情の画像は本家・スペイン語版(DVD-5枚組)に使われています。苦しかった時代のお話し、、、。私はこっちのほうが作品に合っていると思います。

本とDVDの話だけでは寂しいので、、、

ここでドラマのロケ地をいくつかご紹介したいと思います。マドリード界隈限定。シーラをたずねる旅の参考になれば幸いです。

1. El Parque del Retiro (レティロ公園)
トップはコレですね。たびたび登場しています。歩き回れば場所を特定できるかもしれませんが、大きな公園なのでちょっとたいへんです。足を運べば気分は味わえるでしょう!
【ドラマ】
sira 03 (el Parque del Retiro)

2. Museo de Ferrocarriles de Delicias (鉄道博物館)
男の暇つぶしに最適な鉄道博物館です。女性へのおすすめ度は低いです。。。
【ドラマ】
sira 09 (Museo de Ferrocarriles de Delicias)
【参考画像】
sira 10 (Museo de Ferrocarriles de Delicias)

3. Hotel Ritz Madrid (リッツホテル・マドリード)
ふらっと見に行くのもイイですね。宿泊できれば SO GOOD!
【ドラマ】
sira 17 (Hotel Ritz Madrid)
【参考画像】
sira 16 (Hotel Ritz Madrid)

4. Calle General Arrando 17 (ヘネラル・アランド通り17番地)
この辺りは何度も登場しています。ドラマを再チェックしてみてください!
【ドラマ】
sira 15 (Calle del General Arrando)
【ストリートビュー】

5. La estación de trenes de Algodor (Aranjuez)
マドリード郊外の鉄道の駅です。ちょっと遠いです。小さな村なのでしっかり計画を立てて!
【ドラマ】
sira 05 (la estación de Algodor )
【参考画像】
sira 13 (la estación de Algodor )

6. Embassy (カフェ)
マドリードの老舗カフェ。
【ドラマ】
sira 18 (Embassy)
撮影が行われたかどうかわかりませんが、シーラが出入りしたカフェはココ。

お茶休憩してもよし、ランチをとってもよし。ホームページによると、平日のランチコース(Menú del Día)は25ユーロだそうです。

シーラファンのみなさん、マドリードでちょっと贅沢するならココ(緑の入り口)です!
【ストリートビュー】

っということで、情熱のシーラ・七夕的ロケ地6選でした。それでは、また!