スペインの米料理~パエリア作りでこだわりたい必須スパイス3種

こんにちは、サンデーシェフ・七夕です。

パエリアの素を使わずにスパイスからおいしいパエリアを作ってみたいけど、

    ・必要なスパイスがわからない
    ・たくさんの種類のスパイスを買うのはちょっと

っと、お困りの方はいらっしゃいませんか?

そんなひとのために、、、

今日はスペインで人気の高い「パエリアの素」(パエリア用のミックススパイス)の原材料を調べてみたいと思います。ナニかのヒントになれば幸いです。

スペイン製パエリアの素5種の原材料を調べてみる

サンプルはこの5点。どれもオールインワン型のパエリア・ミックスです。

  1. PAELLERO CARMENCITA
  2. PAELLERO CARMENCITA MARINERA
  3. PAELLERO CARMENCITA VALENCIANA
  4. DUCROS PAELLA MARINERA
  5. DUCROS PAELLA VALENCIANA

B C D E
ニンニク ニンニク ニンニク ウコン ウコン
パプリカ パプリカ パプリカ
パプリカ パプリカ 黒コショウ ニンニク ニンニク
コーンミール 黒コショウ マルトデキストリン フェンネル ローレル
着色料 レモン ローズマリー レモン オールスパイス
コショウ マルトデキストリン タイム サフラン コリアンダー
クローブ パセリ クローブ クローブ サフラン
サフラン クローブ 白コショウ クローブ
サフラン色素 サフラン色素 白コショウ
サフラン サフラン

各製品に共通するスパイスを太字にしてみました。ニンニク・パプリカ・クローブ・サフラン、全部で4種です。

それと、塩。DとE(DUCROS)には塩は含まれませんが、使い方に塩で味を調えるよう書いてありますので共通とみなします。

コショウも加えましょうか。白とか黒とか厳密にいうと違いますが、ここは「コショウ」ということで。

結果、パエリアの素5種に共通の原材料は、次の6つとなりました。

    ニンニク
    パプリカ
    クローブ
    サフラン

    コショウ

塩コショウは鉄板として、パエリアをパエリアたらしめる決め手はニンニク・サフラン、クローブ、パプリカにありそうです。確かに様々なレシピにこの4つは必ずと言っていいほど登場します。まさに基本だと思います。

パエリアの素を使わずに、スパイスからオレ流パエリアを作る場合は、上の6つの段取りから始めるとよいでしょう。

でも、よく見てください。

よく見なくても気づいていると思いますが、、、

  • 塩・コショウ → 家にあるので心配なし
  • ニンニク → 生でもOK (パウダーである必要なし)

っと考えると、わざわざ感のあるのはサフラン(色)、クローブ(香り)、パプリカ(風味)、この3点です。こだわるならココ!

そして、その他のちょっとした隠し味については、具材と相談しながら適宜追加してください。

っということで、、、

また別の製品が手に入ったらその都度紹介したいと思います。サンデーシェフのみなさん、ご期待ください。

まとめ

スペインの米料理・パエリアは簡単・手軽で自由度が高く、サンデーシェフやクッキングパパにはもってこいの一品です。

レシピ集につけられている難易度も必ずと言ってよいほど「簡単」レベルなので、みなさんお気軽に挑戦してみてください!

それでは、きょうはこのへんで。一流サンデーシェフを目指す男・七夕でした。