最初から最後まで日本語で見てみたいアニメ!~おジャ魔女どれみ

日常

こんにちは、アイカツが大好きなマドリード生まれの娘の父・七夕です。

先日納戸の整理をしていたら懐かしいCDが出てきました。

doremi cd a

おジャ魔女どれみ#CDボックスです。10年以上前のものですが、なんで我が家にこんなものがあるかというと、長女が大好きだったから。

10年位前、彼女が幼稚園に通っていた頃だと思います。スペインでもどれみちゃんやってたんです。しかも、スペイン語で。

で、調べたらやっぱり放送されていました。スペインでは2005年から4年間です。
参考(Wikipedia西語) → Ojamajo Doremi

私たちが見たのはたしか無印と#です。3年目からは見なくなりました。理由ははっきりしませんが、長男の誕生と関係しているようなないような、、、そのあたりはうろ覚え。

doremi cd d

私も園児の長女と一緒にけっこうマジで見てました。名前の呼び方もスペイン風アクセントがついて、ど「れ」み、は「ず」き、あ「い」こ、という具合(「 」にアクセント)でしたね。でも、ぽっぷちゃんだけは言いづらいようで、ぽ「ぷー」となっていて思わず笑ってしまったのを覚えています。

そして、そのおジャ魔女のCDボックスを、先週ヤフオクに出品しましたがダメでした。キーホルダーのおまけ付きだったんですけど、世の中そう甘くはありません。

doremi cd e

少し気になったのでアマゾンを調べたら、中古でいくらかの取り扱いがあるようです。
楽天のほうは泣く子も黙るプライスでした。

余談ですが、おまけの4つのキーホルダー。見つけたとき見知らぬ女の子(ももこちゃん)が一人いて、あいこちゃんのペイントミスかと思ったらそうでもなさそうだし、その何とも言えないもやもや感、、、年のせいかと本当に焦ってしまいました。

中古CDの話はさておきまして、、、

おジャ魔女の大ヒットの後、今ではプリキュアが日曜朝の顔となっていますが、どっち派かと問われれば私は断然おジャ魔女派です。

4年にわたる長いストーリーの半分しか見ていないくせにいうのもなんですが、何というか、おジャ魔女の人間臭さが大好きです。ストーリーも音楽も印象的だったと思います。大人目線でしょうか?

観そびれている残りの半分だけでなく、、、いつか必ず最初から最後まで「日本語で」観てみたいと思います。

それでは、また。
2児の父・七夕でした!